日常生活で出来るヘアケア

お風呂の前にブラッシング

朝起きた時や出かける前には髪をブラッシングしますよね。
髪を美しく保つためには、そんなブラッシングをお風呂に入る前にも行うことが効果的なんです。
お風呂の前に髪を梳かすということは、髪の汚れを表に出すことになり、シャンプーをする時に汚れが落ちやすくなるよう助けてくれます。

お風呂の前に髪を梳かす時は、まず一日過ごして絡んだ髪をほぐす為にも、毛先の方から行っていきます。
髪がからんでいると汚れが落ちにくいだけでなく、その後髪を乾かす時にも支障が出るので丁寧に優しく行いましょう。

シャンプーの前にはお湯で十分に髪を濡らして、すすぎを念入りに行うと頭皮の汚れも落ちて、ヘアケアにもつながります。
一手間でヘアケアになるなら今日から行いたくなりますね。

トリートメントをシャンプー前の乾いた髪に

シャンプーを行ったあとにリンスやコンディショナーをつけると思いますが、ヘアケアにはその順番を変えるのがおすすめです。
え?どういうことと思われると思います。
分かりやすくいうと、乾いた状態の髪の毛にコンディショナーをつけてから、いつも通りシャンプー、コンディショナーを行うのです。
シャンプーの前にコンディショナーを行うことによって、水を含んでいないので浸透力が上がるのです。

このとき注意するのは、頭皮につけないようにすることです。
頭皮にコンディショナーが残されると、かゆみの原因になったり、トラブルの元になるので気をつけましょう。

またワックスやスタイリング剤をつけている場合でも、無理にシャンプーで流すのではなく、コンディショナーを一度髪の毛になじませるとコンディショナーの油分と混ざり合って、綺麗に落とすことが出来ます。


この記事をシェアする