食品を利用してヘアケア

乾燥した髪にははちみつ

髪が乾燥するとパサついて広がってしまいます。
さらに冬になると静電気が起きやすくなり、ますます髪へのダメージは増すばかり。
そんな髪の乾燥に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
そこでおすすめなのが、はちみつを使ったトリートメントです。
はちみつは天然の保湿剤と呼ばれるほど、保湿効果に優れていて肌や唇の保湿などにも使われることがあります。

シャンプーをする前の髪を適度にしめらせて、毛先を中心によく塗り込んでいきます。
その後、10分から20分ほど置いてから洗い流し、シャンプー、コンディショナーを行います。

ダメージヘアや乾燥が気になる髪への硬化をより感じたい方には、はちみつに卵黄を混ぜ合わせるのもおすすめです。

つやを与えるならヨーグルト

髪の毛につやがないと元気がないように見えてしまいますよね。
スタイリング剤を毎日使用したり、日々のドライヤーなどでもつや、潤いは失われていきます。
でもつやなんてどうやって取り戻せるの?と思う方が多いと思います。
おすすめはヨーグルトを使ったトリートメントです。

乳製品に含まれている乳酸は汚れやほこりを取り除いてくれます。
そして乳脂肪は髪に必要な潤いを与えてくれるのです。

まずはちみつのトリートメントと同様に、シャンプーをする前の髪を適度にしめらせて、毛先を中心によく塗り込んでいきます。
その後、10分から20分ほど置いてから洗い流すのですが、ここでポイントなのが最初はぬるめのお湯で流したあとに、冷たい水で洗い流すところです。
きちんと洗い流したあとに普段通りシャンプー、コンディショナーを行います。


この記事をシェアする